ピュアネスは口腔の健康維持に貢献できる歯科衛生士のステップアップをサポートします

TEL.06-6310-1717

コミュニケーション

歯周治療への導入

 

歯周治療ではなく、齲蝕治療や修復治療を希望して来院された患者様には、

歯周治療の導入時に必ずお話することがあります。

そのお話をすることで

歯周治療に関心を向けていただけるようになると実感しています。

 

「調査では、歯を失うの原因の約3割がむし歯、約4割が歯周病というのが現状です。

 お口の中にある大切な歯を守って行くためには、

 むし歯の治療や予防に併せて、

 歯周病にも目を向けることが必要となります・・・。」

 

このような前置きのお話をしてから歯周治療の話を進めると、

歯を抜きたくないというニーズのある患者様は、

よくお話を聞いてくださるようになります。

 

前置きの話をしていなかった頃は、

「むし歯の治療に来ているのに歯ぐきの話?歯磨きの話?」

という反応の患者様もおられました。

歯周治療が残存歯を守るために必要であることを

患者様に理解していただくことで、

歯周病にも関心が向けられるのだと思います。

 

ちなみに引用しているデータは、

2005年の8020推進財団、全国抜歯原因調査からです。