ピュアネスは口腔の健康維持に貢献できる歯科衛生士のステップアップをサポートします

TEL.06-6310-1717

04月

隣接面のSRPテクニック

 

今週末は、東京でSRPセミナーを行います。

 

セミナーでは、臼歯部隣接面のSRPテクニックの

実習に時間をかけています。

 

隣接面の接触点直下と隅角部では、

ストロークの方向を意識して使い分けると

確実に歯石が除去しやすくなります。

 

セミナーでは、ストロークの方向の使い分けもお伝えしています。

 

モチベーションアップの具体策

 

歯周治療場面の指導では、プラークコントロールや

スケーリング・SRPの継続来院への

モチベーションを高めることが求められます。

 

モチベーションを高める具体策として、

下記のような例が挙げられます。

 

歯周病が発症、進行している自覚を促すこと

→「検査をすると、奥歯に深いポケットがあるのですね!」

 

歯周治療によって健康回復するメリットの認識を促すこと

→「歯周病を治して、いつまでも自分の歯で食事をしたいと思います!」

 

歯周治療による効果の自覚を促すこと

→「歯磨きを頑張ってから、歯ぐきからの出血がなくなりました!」

 

健康行動の妨げを分析し、取り除くこと

→「L字型の歯間ブラシを使うと、苦手な奥歯までできるようになりました!」

 

上記のように、行動科学に基づいた働きかけを行うことが、

モチベーションアップに効果を上げます。

 

プラークコントロールセミナーでは、

モチベーションを高める具体策を

事例を挙げながらお伝えするようにしています。