ピュアネスは口腔の健康維持に貢献できる歯科衛生士のステップアップをサポートします

TEL.06-6310-1717

02月

SRPでのストローク方向の使い分け

 

SRPでは、垂直方向、水平方向、斜め方向のストロークを

部位ごとに使い分けることで、歯石を確実に除去することができます。

 

歯石の下にスケーラーを入れて、真上に引く垂直方向ストロークが、

SRPの基本のストロークとなります。

 

水平、斜め方向のストロークは、

最後臼歯遠心面や頬舌側歯頸部、隅角部のSRPに

効果的に活用できます。

 

SRPセミナーでは、それぞれのストロークを使い分けながら

実習を進めています。