ピュアネスは口腔の健康維持に貢献できる歯科衛生士のステップアップをサポートします

TEL.06-6310-1717

05月

話題の歯ブラシ

 

最近、患者様から質問を受ける歯ブラシ。

新聞広告でもよく目に留まります。

 

MISOKA 1本 1,050円。

 

試してみようと購入しました。

 

コンパクトなヘッドで、ハンドルは把持しやすそうです。

ネックにカーブがあることで、

臼歯部舌側、口蓋側に届きやすくなっているようです。

 

試してみましょう!

 

 

講演会参加

 

昨日は、スウェーデンのイボンヌ・ニブロム先生の来日公演に参加してきました。

 

スウェーデンは予防先進国というイメージがありますが、

衛生士教育の歴史は日本より浅く、

衛生士資格取得者数も日本の1/20程度であることに驚きました。

 

インプラント周囲炎の予防のための診査やクリーニング方法、

グルコン酸クロルヘキシジンの歯肉縁下への効果の限界、

フッ化物の齲蝕予防効果、

隣接面の補助的清掃用具の選択など、

知識の再確認ができました。

 

懐かしい再会もあり、充実した一日となりました。

 

プラークコントロールセミナー

 

東京、大阪と2週連続してプラークコントロールセミナーを行いました。

 

大阪では定員を増やして受講していただいたため、

お部屋が狭くなってしまいました。

受講生の皆様には、ご理解とご協力をいただきまして有り難うございました。

 

次回の開催は、大阪は11月17日(日)、東京は12月の予定です。

東京は日程が決まり次第、ご案内いたします。

 

大阪でのキャンセル待ちの皆様には、

今回は受講していただくことができず、申し訳ございませんでした。

次回の日程を後日あらためてご案内いたします。

 

 

 

齲蝕予防のプラークコントロール指導

 

齲蝕予防では、唾液の流れに注目して指導を行うとよいと思います。

 

前歯部であれば、下顎は唾液の恩恵を受けてローリスクであるのに対し、

上顎は唾液の流れが悪く、齲蝕に対してハイリスクであるといえます。

 

上顎前歯部にある初期の隣接面齲蝕を経過観察するのであれば、

デンタルフロスの指導を徹底するようにしています。

 

患者様には唾液の流れが悪く、齲蝕が進行しやすい部位であることを説明すると

フロスの必要性がより伝わりやすくなると思います。