ピュアネスは口腔の健康維持に貢献できる歯科衛生士のステップアップをサポートします

TEL.06-6310-1717

01月

執筆法変法での正しい把持

 

ハンドインスツルメントは、執筆法変法で正しく把持することが不可欠です。

 

スケーラーの場合は、中指の腹側にシャンク、あるいはハンドルが当たることになります。

 

シャンクやハンドルの当たる位置が、腹側の中央付近になっていると操作性が悪くなります。

中指の側面に近い位置に当てると、触感がよく、操作もしやすくなります。

 

SRPセミナーでは、スケーラーの把持方法を個別に確認してアドバイスして参ります。